農薬除去の教科書 » 一般的な野菜・果物の農薬の落とし方 » 野菜用の洗剤で洗う

野菜用の洗剤で洗う

野菜用洗剤の昔と今

昔は野菜を台所用の洗剤で洗うのは常識だった

野菜用洗剤で農薬除去しているイラスト

若い世代の方にとって、農薬を洗剤で落とすことに抵抗があるかと思います。

しかし、今よりも強い農薬が使われていた時代には、残留農薬による人への被害が問題となっていたため、昭和31年当時の厚生労働省は、各都道府県に対して「野菜や果物は台所用の洗剤で洗浄するように」と通達を出していました。

そのため、当時は多くの家庭で野菜や果物を洗う際に台所用洗剤が使われていたのです。

台所用洗剤は時代の変化により徐々に使われなくなった

野菜や果物を台所用洗剤で洗うのは常識でしたが、その後は良質な化学肥料が開発され、害虫などの心配がなくなったことや、人体に害を与える農薬が禁止され、農薬の使用料の規制も加わったことから、水道水のみで農薬を落とす習慣が定着しました。

今でもスーパーや飲食店などでは野菜を業務用の中性洗剤で洗っているところもありますが、一般家庭での野菜洗いに台所用洗剤が使われることは、ほとんどなくなったのです。

健康志向の高まりから野菜洗いの注目が高まる

しかし、近年は健康志向の高まりから残留農薬問題を重要視する人が増え、野菜洗いが今一度注目されてきています。確かに、洗剤と聞くと強力なイメージがありますが、今度は台所用洗剤ではなく「野菜用洗剤」として専用の洗剤が開発されるようになったのです。

現在発売されている野菜用洗剤

現在発売されている野菜用の洗剤は、大きく二つに分類されます。

食器洗いにも使える台所用中性洗剤

用途欄に「野菜・果物など」と記載されている商品です。

「中性」、「ヒ素・重金属・メタノールなどを含まない」、「酵素・漂白剤を含まない」などの条件を満たせば、野菜や果物を洗うことができます。なお、弱酸性や弱アルカリ性の洗剤は、野菜や果物は洗えないので覚えておきましょう。

ホタテやホッキ貝などの貝などを粉末にした洗剤

貝殻の成分である水酸化カルシウムの力を利用した、天然由来の洗剤です。

ホタテ貝やホッキ貝の貝殻を焼成して作ります。残留農薬だけでなく、ワックス、環境ホルモンなども効果的に取り除くことができ、農薬除去や除菌を謳っている商品が多いのが特徴です。

野菜用洗剤に抵抗がある方は

水素水で農薬除去ができます

農薬除去の新しい方法として、現在水素水が注目されています。水素水の還元力と浸透力により、農作物の表面に付いた農薬が除去できるのです。

野菜用洗剤と違い、口に入れても問題ないので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使用できるのが嬉しいところですね。

水素水の農薬除去について詳細を見る

※水素水による農薬洗浄試験で実証されているのはクロロタロニルという農薬です。

そのほかの農薬除去方法はコチラ