農薬除去の教科書 » 【Q&A】農薬にまつわるウソ・ホントを検証 » 国産野菜だから安全でしょ?

国産野菜だから安全でしょ?

国産野菜の安全基準の歴史

農薬の使用状況を消費者が気にしている

スーパーの野菜コーナーでは、同じ野菜でも国産と外国産が両方並んでいるケースがあります。国産は少し高めだけど安心、外国産は安いけれど安全性が気になる、といったイメージを持っている方が多いようです。

安全か否かの基準のひとつに挙げられるのが、農薬の使用です。特に、中国産の冷凍餃子から基準値を大幅に超える残留農薬が検出された件を機に、残留農薬の害を気にする方が増えています。

国による規制や基準も厳しくなっている

日本でも昭和30年代頃までは人体に影響を及ぼすとされる農薬が使われ、農薬の使用に関する問題が取り上げられていました。しかし、昭和46年に農薬取締法が改正されてからは、国民の健康に及ぼす影響があるものや、環境汚染などの社会問題化が懸念されるものに関しては、製造・販売ができなくなっています。

また、近年では一部の業者が登録のない農薬を輸入し、日本国内で販売していたことが問題となりましたが、このような違法な販売が行われないような法改正もなされています。さらに、平成15年には、残留農薬基準が設定されていない作物にも基準を設定し、この基準を超える農作物の販売を禁止する規定もできました。

基準値を超えた農作物は出回らない

現在、日本では約4,400の農薬が認可されています。これらの農薬を登録する際には、人への安全性はもちろん、子世代・孫世代への影響、生態系への影響まで多くの試験が必要で、厳しい審査をクリアしなければなりません。

また、スーパー等に流通される前に検疫所でモニタリング検査を行うため、国産・外国産問わず、残留農薬の基準値を超えた農作物が出回ることはほとんどありません。

ただし、日本が国際基準を上回っているケースも

日本では残留農薬に対して厳格な基準と検査体制が設けられています。しかし、面積あたりの農薬使用量で見ると、日本は世界トップ3で農薬使用大国とも言われています。これには、日本が温暖・多湿な気候のため、害虫やカビの害を受けやすいため、農薬の使用が避けられないという背景があります。

安全は認められているが、国産=安全とは言い切れない

農薬に関して厳しい基準があるとはいえ、農薬が使われている野菜が多いことは確かです。また、国際的な基準と日本の基準には違いがあり、野菜によっては諸外国よりも多くの農薬の使用が許されているケースもあります。

その基準に関しても、日本が多くの試験を行った結果「安全」と認めた数値なので、気にし過ぎることはありません。しかし、国産だから農薬を使っていない、農薬の量が少ないといった考えは持たない方が良いでしょう。