農薬除去の教科書 » 一般的な野菜・果物の農薬の落とし方 » 流水で洗い流す

流水で洗い流す

水洗いで農薬はどれほど落ちる?

流水で農薬を落としているイラスト

野菜を調理する前には皆さん必ず水洗いをしますね。この作業は野菜に付いている泥汚れを落とすだけでなく、ある程度農薬を落とすことができます。

実は、この水洗いのやり方ひとつで農薬を効果的に減らことができるのです。野菜に付着した残留農薬を効果的に落とす方法をご紹介します。

表面の葉を取る

葉野菜の場合、残留農薬を少しでも減らすには、外側の葉を1枚取り除きましょう。キャベツやレタスなどは外側の葉を1枚取るだけで農薬が激減しますよ。

流水は30秒が基本

ほうれん草や小松菜など、柔らかい葉物野菜などは流水ですすぎ洗いをしましょう。ボウルに水をはって洗うのではなく、流水で洗うのがポイント。このとき30秒以上丁寧に洗うと、農薬もしっかり洗い流せます。

寒い冬にはつらい作業かも知れないですが、流水だけで洗うなら仕方がないでしょう。

流水洗いのデメリット

完全に落とすことは無理

最近の農薬は水溶性なので水洗いをすればある程度は洗い落とせます。しかし、農薬には野菜の表面にできるだけ長く留まる性質を持つ展着剤が含まれています。簡単に言うと農薬を定着させるノリみたいなもの。そのため、雨に濡れても農薬が落ちず、害虫の被害を免れているのです。しかし逆の視点から見ると、流水洗いをしても農薬を落とし切ることは難しいとも言えるのです。

毎日続けるにはちょっと面倒くさい

それに冷たい水が身に染みる真冬は、たった30秒とはいえ流水洗いがつらいですよね。また、一つの野菜だけ使う場合は良いですが、一度の食事に複数の野菜を使うことがほとんど。その都度、野菜を流水洗いするのはかなり大変ですよね…。

流水で農薬を落とせることが分かっていても、時間がかかったり面倒だったりすると「今日はいいか」と妥協しがち。正しい方法を知っていても、継続できなければ意味がありません。手間をかけず、いかに農薬を落とせるかが重要になってきます。

同じ水でも水素水なら水に浸けるだけでOK

農薬除去の新しい方法として水素水が注目されています。水素水なら飲んでも安心なので、体へ悪影響を与えることがありません。しかも流水のように流す手間が必要なく、ただボウルに浸けておくだけで大丈夫。朝食・夕食の忙しい時間帯に手間が減るのは嬉しいですよね。

水素水は農薬を落とすだけじゃない!

水素水は農薬を落とすだけでなく、その他料理や美容にも使えるので、一石二鳥どころか一石三鳥・四鳥の優れものなのです。生活のあらゆる場面で使えるので、とりあえず取り入れてみるのもありですよ。

農薬除去試験を行った水素水もあります

農薬除去ができる水素水ですが、どの水素水を使ったらよいかわからないですよね。同じ水素水でも水素の発生方法により、水素濃度に差が出るので、どれでも良いというわけではなさそうです。

アクアバンクは農薬除去の水素水試験を行った企業です。実際に第三者機関に依頼し、農薬除去のエビデンスも取得しているので、農薬除去を行いたい方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

水素水による
農薬除去について詳しく見る

※水素水による農薬洗浄試験で実証されているのはクロロタロニルという農薬です。

そのほかの農薬除去方法はコチラ